FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
C037B07E-29BF-47CD-9453-5E07585CDCBB.jpeg


「わたしに何をしてほしいのか。」
マタイの福音書20章32節


イエスがエリコという町を出て行くと、
道ばたにすわっていたふたりの盲人が、
イエスが通られると聞いて、
叫んで言いました。
「主よ。私たちをあわれんでください。ダビデの子よ」と。

群衆は彼らを黙らせようとして、
たしなめましたが、彼らはますます
「主よ。私たちをあわれんでください。ダビデの子よ」
と叫び立てたのです。

すると、イエスは立ち止まり、
彼らを呼んで言われました。
「わたしに何をしてほしいのか。」
彼らはイエスに言いました。
「主よ。この目をあけていただきたいのです。」
イエスがかわいそうに思って、
彼らの目にさわられると、
すぐさま彼らは見えるようになり、
イエスについて行きました。

イエスに向かって
あなたは叫んでいますか。
いろんな問題や困難の中で、
あきらめてしまう前に、
他人や自分を責める前に、
イエスに向かって叫びましょう。

「主よ。あわれんでください」と。
主はあなたにも言われます。
「何をして欲しいのですか」と。
そのとき、ためらわず遠慮せず、
大胆に具体的に、主に向かって
あなたの願いを言ってください。
「主よ。こうこうして欲しいのです」と。

そのとき、
主はあなたのその願いに
応えてくださいます。
主イエスは、
あなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/11/25 11:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック