FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
BB7161CC-3CBB-4FA5-9699-1F7C6DEE1FFE.jpeg



「わたしの恵みは、あなたに十分である。
 というのは、わたしの力は、
 弱さのうちに完全に現われるからである。」
       コリント人への手紙 第二 12章9節


パウロは
あまりにも素晴らしい啓示を
受けていました。
そのために、
高ぶることのないようにと、
肉体に一つのとげを与えられました。
それはパウロが高ぶることのないように、
彼を打つための、サタンの使いでした。

パウロは、
これを去らせてくださるようにと、
三度も主に願いましたが、

そのとき主はパウロに
「わたしの恵みは、あなたに十分である。
 というのは、わたしの力は、
 弱さのうちに完全に現われるからである。」
と言われたのです。

ですから、パウロは
「キリストの力が私をおおうために、
 むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」
と言い、続けて
「ですから、私は、キリストのために、
 弱さ、侮辱、苦痛、迫害、
 困難に甘んじています。
 なぜなら、私が弱いときにこそ、
 私は強いからです。」と言いました。

肉体の棘が何であったかは
いろんな説があります。
何れにしても、
そのためにパウロは弱くされました。
でもそのことによって
パウロは神である主に、
主イエスに頼らざるを得なくなり、
その結果、
パウロは完全に強くされたのです。

私たちも、弱さがあるときにこそ、
主により頼むことができ、
強くされるのです。

ですから、
大いに喜んで弱さを誇りましょう。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2019/12/14 17:49】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック