FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
E7199047-E73F-4307-985A-92B188D78D07.jpeg


そこで、わが子よ。
キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。
         テモテへの手紙 第二 2章1節


この「強くなりなさい」という言葉は
原文では受け身で「強くされなさい」
「強くしていただきなさい」
もう少し積極的に訳せば
「キリスト・イエスにある恵みがあなたを強くする」
となります。

私たち日本人は、
頑張れ、頑張れと言って励まされ、
頑張るようにと言われてきました。

この手紙を若き牧会者テモテに送ったパウロは、
律法についてはパリサイ人、
責められる(非難される)
ところはないとまで言った人です。
まさに厳格に頑張って生きた人でした。

ところが、ダマスコ途上で
イエス・キリストに出会い、
回心したパウロは、
キリスト・イエスを
知っていることのゆえに、
いっさいのことを損と思っている、
ちりあくたと思っていると言いました。

パウロはキリストに出会って、
人の頑張りの限界を超えて、
はるかに素晴らしい
神の恵みの深さと大きさを知りました。
イエス・キリストの十字架を通して
注がれる神の愛の中で、
彼は赦され、義とされ、
神の子となったことの喜びと平安に満たされ、
その中を生きていたのです。

もちろん、地上に生きている限り、
この世の戦いがあり、
困難や試練、問題はつきものです。

しかしそのような中でこそ、
ますますキリスト・イエスの恵みは
深く大きく現されることも
知っていたのです。

私たちも気づくと、
一生懸命頑張って
自分の力で何とかしよう
としていることはないでしょうか。

私はイエス・キリストが大好きで、
キリストのために一生懸命頑張りました。
そして疲れ果ててしまいました。
今、60歳になって頑張る力が
体力的にも精神的にも
恥ずかしいですが
無くなってしまいました。

ところが信仰は、
キリスト・イエスの恵みによって
強くされている。
強くなっているのです。
不思議です。

だだ、ただ恵みによって、
私自身が
どうすることもできない弱さの中で、
神の恵みの深さ、大きさを知りました。

あなたが今、
もし限界を感じているなら、
もうダメだと思っているなら、
大丈夫です。

キリスト・イエスの恵みが
あなたを強くしてくださいます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/01/21 16:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック