FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
4F162722-50C7-44F6-93CC-93772FC65DD2.jpeg


したがって、ご自分によって神に近づく人々を、
完全に救うことがおできになります。
キリストはいつも生きていて、
彼らのために、とりなしをしておられるからです。
         ヘブル人への手紙 7章25節


私たちは、自分の罪を悔い改めて
イエス・キリストを信じた時、
完全に赦されました。

この完全にということは、
今まで犯してきた罪も、
これから犯してしまう罪も
全て赦されたということです。

もちろん、
悔い改めることは
その度ごとに必要でしょう。

でも完全に赦されたのです。
そこそこにではなく、
ある程度でもなく、
ほぼ完全にでもなく、
全く完全に赦されたたのです。

言い換えれば、
一度も罪を犯したことのない者として
父なるまことの神様から
見ていただけるようになったのです。
一度も罪を犯していない者として、
つまりキリストと同じように
見ていただけるのです。
神の子とされるのです。

それはイエス・キリストが、
あなたを愛して、
私を愛して、
十字架にかかり、
私たちの罪の身代わりとなって
神に捨てられ、
死んでよみである地獄に
行ってくださったからです。

しかも、
神の力によって
三日後に復活された、
今も生きておられます。

イエス・キリストは
二度と死ぬことはありません。
永遠に今も生きておられるのです。

キリストは、
いつも生きておられ
天の右の座で
あなたのために、
私のために、
私たち一人一人のために、
とりなしていてくださるのです。

このとりなしがあるので、
あなたも私も神の愛の中で
完全に赦された神の子として
祝福を受けながら生きていけるのです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/02/13 14:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック