FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
C6C8F3C2-036A-4751-80F3-5347128603F2.jpeg


「あなたがたは、そんなに、
 一時間でも、わたしといっしょに
 目をさましていることができなかったのか。
 誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。
 心は燃えていても、肉体は弱いのです。」
         マタイの福音書26章40・41節


十字架にかかる前、
イエス・キリストは
ゲッセマネの園で
血のような汗を流して祈られました。

その時、
そのみそばに
主イエスが連れて行かれたのが
ペテロとヨハネとヤコブでした。
彼らは
イエスが苦しみ悶えながら
祈り悲しんでいる時、
石を投げて届くところにいました。
しかし眠りこけてしまったのです。

主イエスは
彼らのところに戻ってきたとき
言われたのです。

「あなたがたは、そんなに、
 一時間でも、わたしといっしょに
 目をさましていることが
 できなかったのか。
 誘惑に陥らないように、
 目をさまして、祈っていなさい。
 心は燃えていても、肉体は弱いのです」と。

一時間、祈ることを主イエス求めましよう。

最初は
一時間祈り続けるのは
難しいかもしれません。

少し祈ると祈ることが
出てこなくなるかもしれません。

でも、
イエス・キリストを信じたとき、
主イエスと共に
聖霊様があなたのうちに
住んでくださっています。

その聖霊様が
祈りをあなたに
教え導いてくださいます。

だから
とにかく一緒にいて
あなたを捨てず離れない
主イエスと共に
目を覚ましていましょう。

必ず一時間祈れるように
聖霊様が導き、
主イエスがしてくださいます。

そして、
一時間祈れるようになったとき、
あなたは祈りが
こんなに答えられるのかと驚くでしょう。

イエス・キリストが
あなたにとって
生きて働かれるまことの神として、
とても身近にいる方になられるでしょう。

「聖書って、こんなにおもしろい!」より
スポンサーサイト




【2020/02/26 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック