FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
146C13AC-9C64-45BF-871B-8E0AF1EFF6A4.jpeg


イエスは起き上がって、風をしかりつけ、
湖に「黙れ、静まれ」と言われた。
すると風はやみ、大なぎになった。
      マルコの福音書4章39節


ある日の夕方、イエスは弟子たちに
「さあ、向こう岸へ渡ろう」と言われました。

そこで弟子たちは、
そこにいた群衆をあとに残し、
舟に乗っておられたイエスを
そのままで、お連れしました。

すると、激しい突風が起こり、
舟は波をかぶって
水でいっぱいになりました。

ところがイエスだけは、
とものほうで、
枕をして眠っておられたのです。
弟子たちは
イエスを起こして言いました。
「先生。
 私たちがおぼれて死にそうでも、
 何とも思われないのですか」

イエスは起き上がって、
風をしかりつけ、湖に

「黙れ、静まれ」

と言われました。
すると風はやみ、
大なぎになったのです。
イエスは彼らに言われました。

「どうしてそんなにこわがるのです。
 信仰がないのは、どうしたことです」

彼らは大きな恐怖に包まれて、
互いに言いました。
「風や湖までが言うことをきくとは、
 いったいこの方はどういう方なのだろう」

イエス・キリストは
風に命じられると、
風や湖まで従われる方なのです。

激しい突風と嵐の中でさえ
眠っておられるほど
疲れておられましたが、
それは同時に、
向こう岸に必ず渡れると、
主なる神を信頼しておられたからです。

神があなたに語られたなら、
必ず神ご自身があなたに
その言葉を成就してくださいます。

主である神を信頼し
イエス・キリストを信じて、
従いていきましょう。

必ず語られた言葉はそうなります。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/04/06 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック