FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
1B16030F-FAF6-423B-983E-7CDA3BB20DFE.jpeg


「さあ来て、朝の食事をしなさい。」
       ヨハネの福音書21章12節


復活されたイエスはテベリヤの湖畔で、
もう一度ご自分を弟子たちに現わされ、
漁に出た7人の弟子たちが、
何もとれない夜を過ごした後、
岸べから
「舟の右側に網をおろしなさい。
 そうすれば、とれます」
と声をかけられました。

弟子たちが
その言葉の通りに網をおろすと、
おびただしい魚のため網を
引き上げることが出来なくなるぐらいでした。
百五十三匹の大きな魚でいっぱいでした。
それほど多かったにもかかわらず、
網は破れませんでした。

その魚でいっぱいになった網を引いて、
陸地に上がったとき
「あなたがたの今とった魚を
 幾匹か持って来なさい」
とイエスは彼らに言われました。

彼らが行くと、
そこには炭火とその上に載せた
魚と、パンがあるのを見たのです。
イエスは彼らに言われました。

「さあ来て、朝の食事をしなさい」

と。
そしてイエスは来て、パンを取り、
彼らにお与えになりました。
また、魚も同じようにされたのです。

弟子たちは、
生活の糧を得るために漁に出たのです。
ガリラヤ湖の専門家であった彼らは、
それで何とかなると思ったのです。
でも一匹も取れませんでした。

イエスの言葉に従ったとき大漁になり、
その魚を持って行くと、
すでにイエスが炭火で
魚とパンを焼いておられました。

イエス様が焼かれた炭火焼の魚とパン、
私も食べてみたいですね。
この魚は今とってきたものではありません。
イエス・キリストが
彼らのために備えてくださったものです。

弟子たちが心配しなくても、
イエスは、
弟子たちの朝ごはんのことを
きちんと考えてくださっていました。

主イエスは備えてくださる方なのです。

あなたも心配していませんか。
何を食べるか、何を着るかと・・・

でもイエス・キリストは
あなたのために、
最高にして最善のものを
必ず備えておられます。

このお方、
イエスを信頼し、従いていきましょう。

主はあなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/04/17 18:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック