FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
28501C26-8323-484A-B8AF-E221092F73BC.jpeg


彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、
うしろから、イエスの着物にさわった。
        マルコの福音書5章27節


十二年の間長血をわずらっている女がいました。
この女は多くの医者からひどいめに会わされて、
自分の持ち物をみな使い果たしてしまいました。

しかし何のかいもなく、
かえって悪くなる一方でした。
彼女は絶望していました。

その時、
彼女は、イエスのことを耳にしたのです。

この方は、貧しい者や病気の人を訪ね、
愛と憐れみを持っていやし慰めておられると。
それを聞いた時、
彼女はこの人ならいやしてくださる
と希望を持ち、信仰が湧いてきました。

それで群衆の中に紛れ込み、
うしろから、イエスの着物にさわりました。
「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」
と考えていたからです。

すると、すぐに、血の源がかれて、
ひどい痛みが直ったことを、
からだ中に感じました。
イエスも、すぐに、
自分のうちから力が外に出て行ったことに
気づいて、群衆の中を振り向いて
「だれがわたしの着物にさわったのですか」
と言って、それをした人を知ろうとして、
見回しておられました。

それで女は恐れおののき、
自分の身に起こった事を知り、
イエスの前に出てひれ伏し、
イエスに真実を余すところなく打ち明けました。

その時、イエスは彼女にこう言われたのです。

「娘よ。
 あなたの信仰があなたを直したのです。
 安心して帰りなさい。
 病気にかからず、すこやかでいなさい。」

あなたが今、
長い間苦しんでいる問題があるなら、
それが病気であっても心の病であっても、
こじれ切った人間関係、
親子や夫婦の問題であっても、
どんな問題であっても、

この女のように、
うしろからそっと
イエスの着物に触ることさえできれば
この方、イエス・キリストなら癒してくださる、
直してくださると信じて期待して触るなら、
その時、イエス・キリストから
あなたに愛の力が注がれてきます。
主イエスから恵みが、あふれ流れてきます。

そして、あなたは癒され、解放され、
問題に対する解決と勝利を見るでしょう。

今まで何をしてもダメだった。
もう何もない、
どうすることもできないなら、
あなたは準備ができました。

主イエスの元に来てください。

イエス・キリストが癒してくださいます。
イエス・キリストが解決し勝利と祝福を与えてくださいます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/04/26 17:48】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック