FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
F0172FB7-99FF-4DED-85B0-B19BFB024238.jpeg


いつもの場所に着いたとき、イエスは彼らに、
「誘惑に陥らないように祈っていなさい」と言われた。
         ルカの福音書22章40節


イエス・キリストは十字架にかかられる前、
ゲッセマネというところに行き、
苦しみ悶えながら祈られました。
そして十字架を受け取られたのです。

その時、弟子たちの中から、
ペテロとヤコブ、ヨハネを
一緒に連れて行かれました。

この時の祈りはイエス・キリストにとって、
この地上での最も大切な、
そして最も苦しく辛い、
悲しみで死にそうになる祈りの時でした。

その祈りをされたのは
「いつもの場所」でした。

いつもの場所に着いた時、と書かれています。
つまり、イエスが
いつも祈られていた場所があったのです。

弟子たちを連れて行かれた
その場所は、いつも祈る時、
行かれていた場所なのでしょう。

イエス・キリストは毎日
祈りの生活が身について染み込んでいました。
父なる神に祈り、
父なる神と親しく交わることは
当たり前のことでした。

そして、祈る場所があったのです。
そこに行けば祈るという場所があったのです。

あなたにも祈りの場所がありますか。
あそこに行けば、
私は祈るという場所が・・

とんかつを食べるならあそこの店、
コーヒー飲むならあのカフェ、
これを買うならあのお店、
テレビを見る時はここに座る、
ご飯を食べるときはこの食卓で・・・

そんなふうに祈る場所、
ここに座れば、あそこに行けば祈る、
という場所がありますか。

あるいは、この時間になったら祈る、
という時がありますか。

もしあるなら、
あなたは必ず祝福されます。
残念ながら、まだ無いなら、
是非、この場所は祈りの場所、
この時間になったら祈るという
場所を見つけてください。
そんな時間を確保してください。

それはあなたの人生を大きく変え、
神の祝福と恵みに満たしてくれます。

イエス・キリストは
あなたを祝福したいと
心から願い思っておられます。

祈りの場所と時間を決めて、
その祝福を受けましょう。

イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/05/05 14:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック