FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
DD4A493E-35D9-40ED-82DF-479F129370EC.jpeg


「これは、わたしの愛する子である。
  彼の言うことを聞きなさい。」
      マルコの福音書9章7節


ある時、イエスは、
ペテロとヤコブとヨハネだけを連れて、
高い山に導き登って行かれました。

イエスがそこで祈っておられると、
彼らの目の前で御姿が変わリ、
御顔は太陽のように輝き、
御衣は、光のように非常に白く輝いていました。

しかも、
エリヤが、モーセとともに現われ、
彼らはイエスと語り合っているのです。

彼らは恐怖に打たれ、
ペテロは驚きのあまり、
思わずも口出ししてイエスに言いました。
「先生。
 私たちがここにいることは、
 すばらしいことです。
 私たちが、幕屋を三つ造ります。
 あなたのために一つ、
 モーセのために一つ、
 エリヤのために一つ。」

実のところ、
ペテロは言うべきことが
わからなかったのです。

そのとき雲がわき起こって
その人々をおおい、雲の中から

「これは、
 わたしの愛する子である。
 彼の言うことを聞きなさい。」

という声がしました。
彼らが急いであたりを見回すと、
自分たちといっしょにいるのは
イエスだけで、
そこにはもはや
だれも見えなかったのです。

旧約聖書に出てくる
大預言者のエリヤと
イスラエルをエジプトから
導き出した大指導者モーセ、
この二人はユダヤ人である
彼らにとっては特別な存在です。

しかし、父なる神様が
「これは、私の愛する子である。
 彼の言うことを聞きなさい」
と言われた時、
そこにいたのはイエスだけでした。

そうなのです。
私たちは、
イエス・キリストを愛し、
イエス・キリストに心を向け、
イエス・キリストに聞くのです。

すばらしい信仰の先輩や、
牧師、指導者が
あなたの周りにもきっといるでしょう。
彼らは私たちを助けてくれます。

しかし、
私たちが本当に聞くべきお方は
イエス・キリストご自身です。

この方イエス・キリストに聞くとき、
私たちは正しく導かれ、
神の用意した
祝福と恵みの中を歩むことができます。

イエス・キリストは、
あなたに最善にして最高を
用意しておられます。

イエス・キリストは、
あなたを愛しておられるからです。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/05/19 14:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック