FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
昨日のデボーションの箇所に
「妻たちよ。あなたがたは、主に従うように
自分の夫に従いなさい。」エペソ 5 : 22
とありました。それを読みながら思い出した
事があります。

結婚当初の頃、夫は私に言いました。
「お前は、他の人にとっていい人良い嫁で
なくていい俺にとっていい妻であったらいい」と
結婚してもうすぐ40年・・・
いい妻ではありませんでした。
結婚して8年ぐらいたって私はイエス・キリストを
信じてクリスチャンになったので・・・

クリスチャンとして夫に従えない事も出てきました。
夫は言いました「以前のお前の方が良かった」と、
イエス・キリストの十字架の愛を本物の愛を知った私は
このお方から離れて生きる事はできませんでした。
「俺には信仰はない。お前とは暮らせん」と言った夫が
今は神様を知り毎週、礼拝に来ています。

それはイエス・キリストが夫を愛し、夫に神の計画を
持っておられるからです。私はその夫の助け手にすぎません。
(夫には助け手になっていないといわれそうですが)

主を愛し、主に従えますように。
主に従うように、夫に心から従えますように。
主の助けを与えて下さい。


スポンサーサイト




【2013/11/27 08:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック