FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
B5A34630-105B-4657-A0A7-9F69EA2C9D15.jpeg


彼らが喜びの声、賛美の声をあげ始めたとき、
主は伏兵を設けて、ユダに攻めて来たアモン人、
モアブ人、セイル山の人々を襲わせたので、
彼らは打ち負かされた。
        歴代誌 第二20章22節


ヨシャパテは、
アラムとモアブの大軍に向かって、
神が語られた通りに、
翌朝早く、
テコアの荒野へ出陣しました。

彼は民と相談し、
主に向かって歌う者たち、
聖なる飾り物を着けて
賛美する者たちを任命しました。

彼らが武装した者の前に出て行って、
こう歌うためです。

「主に感謝せよ。
 その恵みはとこしえまで。」

彼らが喜びの声、
賛美の声をあげ始めたとき、
主は伏兵を設けて、
ユダに攻めて来たアモン人、モアブ人、
セイル山の人々を襲わせたので、
彼らは打ち負かされました。
アモン人とモアブ人は
セイル山の住民に立ち向かい、
これを聖絶し、根絶やしにしたが、
セイルの住民を全滅させると、
互いに力を出して滅ぼし合いました。

そして全滅するのです。

神の言葉を信じて賛美隊を立て、
勝利を感謝しながら喜びの声、
賛美の声を上げた時、
伏兵が出て来て、敵を襲わせ、
やがて同士討ちを始めた敵軍は
全滅してしまいます。
逃れた者は一人もいませんでした。

ヨシャパテとその民が
分捕りをしに行くと、
その所に、
武具、死体、高価な器具を
数多く見つけたので、
これを負いきれないほど、はぎ取って、
自分のものとしました。

あまりにも多かったので、
彼らはその分捕りに三日かかりました。
そして四日目に、
彼らはベラカの谷に集まり、
その所で主をほめたたえたのです。

神の言葉を信じて敵の前に出て行き、
喜びの声、
賛美の声を彼らは上げました。

神の言葉を信じていたので、
喜びがあふれてきたのでしょう。
神の言葉を聞いて、
きっと神が勝たせてくださると
希望を持ったのでしょう。

その希望が
彼らに喜びを与えました。

あなたは、
神の言葉を聞いていますか。

どんな困難が来ても、
どんな試練の中でも、
絶体絶命になったとしても、
あなたが神に心を向け、
神の言葉に耳を傾けて、
神の言葉に聞き、信じるなら、
神の言葉は
あなたに希望を与えてくれます。
そして、喜びがあふれてくるでしょう。

あなたは、神の勝利を必ず見ます。
神の言葉は、
その通りに成就するからです。

イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/06/20 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック