FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
AD636DA0-E44F-4CFF-8101-05EE113F3FC2.jpeg


あなたは、わたしに従いなさい。
     ヨハネの福音書21章22節


イエスに3度「わたしを愛しますか」
と質問されたペテロは
「主よ。あなたはいっさいのことをご存じです。
 あなたは、私があなたを愛することを
 知っておいでになります。」と3度答えます。

するとイエスは

「わたしに従いなさい。」

とペテロに言われました。

つまり、愛することは従うことなのです。

ペテロは「はい。従います」とは答えないで、
思わずも振り向いて
「主よ。この人はどうですか。」と聞くのです。

この人とは、
イエスが愛された弟子、
つまりヨハネのことです。

ヨハネはあの晩餐のとき、
イエスの右側にいて
「主よ。あなたを裏切る者はだれですか。」
と言った者です。

ペテロは、
いつも彼のことが気になっていたようです。
イエスはペテロに言われました。
「わたしの来るまで彼が生きながらえるのを
 わたしが望むとしても、
 それがあなたに何のかかわりがありますか。
 あなたは、わたしに従いなさい。」

つまり、
ヨハネのことが
気になって仕方ないペテロに対して、
彼のことは気にしなくていい、
彼はあなたと関係ないではないか、
あなたはわたしに従いなさいと言われたのです。

私たちも、
主イエスから使命や言葉を与えられた時、
素直にそれを受け取って
感謝できればいいのですが、
ともすれば、
あの人はどうなのだろう。
この人はどんな使命なのだろうかと
周りの人のことが気になり、
その人と比較したり
競い合ってしまうことがあります。

でもそれは
サタンに隙を与えつけ込まれるだけです。

イエスは言われました。

「あなたはわたしに従いなさい」と。

この「あなたは」の「は」が大切なのです。
周りの人との競争や比較から解放されて、
あなたを愛して十字架にまでかかり、
よみがえられたイエス・キリストのことばに、
素直に、まっすぐに、従っていきましょう。

イエス・キリストは、
命をかけて、あなたを愛しておられるのだから・・・


「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/06/24 11:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック