FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
5DD22538-76E2-4533-BF33-B98C230CF3A1.jpeg


『人はパンだけで生きるのではなく、
  神の口から出る一つ一つのことばによる。』
 と書いてある。」

           マタイの福音書4章4節



御霊に、つまり神に導かれて、
ユダの荒野に上って行かれたイエスは、
40日40夜断食をされました。

その後で、空腹を覚えられるのです。
おもしろいのは、
断食中ではなく、
40日40夜断食したあとで、
空腹を覚えられたことです。

もちろん、
断食中も空腹ではあったと思います。

しかし、断食した後が、
とても大切なのですね。

今は、もう天国に帰られましたが、
韓国の純福音教会の牧師で、
断食では、世界的にも有名であった
崔子実(趙 鏞基牧師の妻の母)牧師は
「断食の後は紳士淑女になりなさい」
といつも言われていました。

断食の後に、
神は多くのことを語られます。
その時に、多くの示しを受けるのです。

だから断食の後は、とても大切なのです。

だからこそ逆に、
断食の後に、
悪魔は私たちから
神のことばを奪うために、
誘惑をしてくるのです。

空腹を覚えておられたイエス・キリストに、
試みるものである悪魔は
近づいてきて言いました。

「あなたが神の子なら、
 この石がパンになるように命じなさい」

これは、
イエス・キリストにとっては誘惑でした。
なぜなら、
イエス・キリストが、
石に「パンになれ」と命じるなら、
即座に石はパンになるからです。
しかもこの時、
イエス・キリストは
空腹を覚えておられたのです。
そして、もう断食は終わったのです。

ところが、
イエスは悪魔に向かって、
こう答えて言われたのです。

「『人はパンだけで生きるのではなく、
  神の口から出る一つ一つの言葉による。』
 と書いてある。」

確かにパンは必要です。
この地上で生きていくためには、
パンがなくてはならないでしょう。
しかしパンだけで
生きているのではありません。

肉の糧であるパンよりも、
もっと大切なものがあるのです。

それは、神のことば、御言葉です。

神のことばが、
私たちを生かし、
生きる力を与え、
輝かせてくれるのです。

この時は、断食した後で、
まさに、神のことば、
御言葉を聞く時でした。

イエス・キリストは、
そのことを知っておられ、
肉の欲求ではなく、
一番大切なもの、霊の糧であり、
真に人を生かす神のことば、
つまり御言葉を選ばれ、求められたのです。


私たちも、
もし断食に導かれたなら、
断食した後を大切にしましょう。

一気にたくさん食べてしまって、
お腹を壊したり、
せっかく神さまが
あなたに語ろうとされている
大切な神のことばがあるのに、
それを見失い、
聞き落とさないようにしましょう。

悪魔であるサタンに
神のことばを
奪われないようにしましょう。

イエス・キリストにすがり、
聖霊の助けをいただいて、
断食の後は紳士淑女となって、
神のことば、御言葉に聞き入りましょう。

人はパンだけで生きるのではなく、
神の口から出る
一つ一つのことばによって生きるのだから。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/07/11 17:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック