FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
060AD8FA-AC3E-4D8E-9A24-971E2E716B7F.jpeg


悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。

           マタイの福音書5章4節



イエスは言われました。

「悲しむものは幸いです。
 その人は慰められるからです。」

悲しんでいる人がいたら、
普通はかわいそうな人と
思うのではないでしょうか。

しかしイエスは言われました。
悲しむものは幸いだと。
それは慰められるからですと。
これは単なる気休めの慰めではなく、
神からの慰め、
真の希望に至る深い慰めを、
その悲しみの中で受けるから
幸いだと言われたのです。


イエス・キリストは、
悲しみの人で病を知っていた。
と聖書に書かれています。

イエス・キリストは、
単なる同情ではなく、
あなたの悲しみとその痛みを
本当にわかってくださるのです。

イエスご自身が、
その悲しみと通られたからです。

キリストは十字架を通して、
肉体的にも精神的にも霊的にも、
人々に、そして神に見捨てられ、
孤独と深い悲しみと
言葉にならない激しい苦痛と
痛みを通られました。

イエスは
あなたの悲しみを
わかったくださいます。

そのイエス・キリストが
あなたを慰めてくださるのです。

そのイエスの慰めは
深い愛に満ち、
あなたに、
生きる力と信仰を与え、
希望をもたらしてくれるでしょう。

あなたは悲しみの中で、
幸いを見出すことでしょう。


イエス・キリストはあなたを愛しておられます。

「聖書ってこんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/07/21 13:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック