FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
0D017833-87CF-444C-A19C-E2A0810E8FDE.jpeg


   平和をつくる者は幸いです。
その人は神の子どもと呼ばれるからです。
       マタイの福音書5章9節



イエス・キリストは
「平和をつくる者は幸いです」
と言われました。

注意して聞いてください。
「平和を語る者」とは言っていないのです。

「平和をつくる者」と言われました。

多くの人々が平和を語ります。
しかし、
平和を語りながら
誰かを裁き責めて、怒っているのです。
謝罪しなければ許さないと叫んでいます。
平和を語りながら、
平和ではなく、
争いや分裂を作っているのです。


イエスが
「平和をつくる者」
と言われたのには、
とても深い意味があります。

イエス・キリストは
平和をつくってくださった方です。

イエス・キリストの十字架は、
あなたと私の罪の身代わりでした。

イエス・キリストご自身は
罪と全く関係なかったのです。
しかし彼は罪そのものとなって、
私たちの身代わりに、
ご自分を罪のいけにえとしてささげ、
罪の裁きと呪いを引き受けて下さったのです。
そして
私たち罪人である人間と
聖なる方である神との和解を
成し遂げてくださったのです。

イエス・キリストは、
ご自分の命を捨ててまで、
私たち罪人である人間と
神の間に和解をもたらし、
平和を作ってくださったのです。


私たちも、
平和を語りながら
混乱と破壊をもたらすのではなく、
イエスの足跡をたどり、
キリストから愛と恵みをいただいて、
平和をつくる者として頂きましょう。

その時、
イエス・キリストが
「神の子」であったように、
私たちも「神の子」と呼ばれるのです。


イエス・キリストは、あなたを愛しておられます。

「聖書って、こんなにおもしろい」より
スポンサーサイト




【2020/07/29 17:27】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック