FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
何か?バタン!とドアの閉まる音で
目が覚めました。
見ると夫の姿がありません。
時計を見ると午前2時30分。
こんな時間に散歩でしょうか?
それとも我慢出来なくて煙草を
買いに行ったのでしょうか?

いつもは、煙草も買ってきてくれと
いうのですが・・・
自分なりに我慢しょうとしたの
でしょうか?
安全を祈り、感謝して待つことにしました。暫くすると帰ってきました。
「こんなに早く寒いのに、散歩に行ったの?」と聞くと「あゝ」と・・・

いろいろ詮索したり、聞くのを辞めました。無事で感謝します。
焦らずに、主が働いて下さるのを
待ち望みます。
スポンサーサイト




【2013/12/12 08:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック