FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
2 ~ 3日前から、風邪をひき、ちよっとこじらせてしまった。
なかなか良くならず、夫に風邪をうつさないように
教会のみんなにうつさないように( 特に殉教聖会前なので)
と祈りつつ昨夜は早目に休んだ。

咳が酷くなかなか熟睡出来ない。
夢うつつのなかで「かんしゃします」と言いつつ
咳と戦っていると、
もうろうとしたなかで「あなたは、このことを喜んでいますか?」
との主からの問いかけがあった。

あっ、今年の年頭のみ言葉
「いつも主にあって喜びなさい。もう一度いいます。
喜びなさい。」を思い起こされ「はい。主が共にいて下さるので
咳がひどいことを喜びます。痰が酷いことも喜びます。」
と言いつついつの間にか寝入っていた。

朝になり、気分がすぐれず起きれるかな?と言う状況だった。
正直・・休みたいなあと言う思いがあった。
しかし兎に角、早天祈祷には行こうと体を奮い立たせ
夫の朝食を準備し教会に言った。
早天祈祷も祝福して下さり、殉教聖会のために祈っている課題に
対する応えのみ言葉を下さった。

そして早天祈祷が終わった後、J 牧師が「今日、明日と体を
休めて下さい。元気になって祈ればいいから・・」と
休みを下さった。
全てを御存知の主は、私が願い祈る前に、立てられた方を
通して休みを与えて下さった。
あわれみ深い主の愛に感謝です。
いろんな出来事を通して、殉教聖会の準備を通して
終わりの時の備えをさせておられる気がする。
教会の方々に、夫に風邪がうつりませんように。

スポンサーサイト

【2014/01/29 15:07】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック