FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
暖かい日が続いています。
ストーブを点けなくてもいいので助かっています。
今日は市内の小学校の卒業式のようです。

三人の子供達の入学式、卒業式の時はどうだったかな?
と思い出そうとするのですがなかなか出て来ません。
自分でショックなくらい。
しかし一人一人鮮明に想い出される事があります。

長男の中学の卒業式。
中三になって不登校を起こしいろんな問題を
起こしていたので何とか中学だけはきちんと
卒業できるようにと・・ただただそれだけでしたから
卒業式の時、体育館に入って来た長男の姿を見て、
涙が止まらなかった事をおぼえています。
長女は幼稚園の入園式と卒園式
自閉症だったのでじっとしている事ができず
あちこち動き回り、マイクをさわったりピアノを
触ったり、ハラハラしどうしの入園式
しかし、卒園式ではしっかり椅子に座り、名前を
呼ばれたら「はい。」と返事をし卒園証書をもらいに
いく娘の成長ぶりにこれも涙、涙でした。
次女は高校の入学式
中学の時、あまりいい成績ではありませんでした。
高校が7ランクあるとすれば 6 ~ 7位のランクでした。
それが 4 ~ 5位のランクの高校を受けたいと言うのです。
「自分は行きたくない高校のためには頑張れない」と
それもそうだと思い、神に祈りました。
そして「わたしにできないというのか。信じる者には
どんな事でもできるのです。」とみ言葉が与えられ
娘は「神に不可能は何一つありません」とみ言葉が
与えられ、教会もひとつとなって祈られた高校合格だった
ので忘れられない高校入学式でした。

感謝です。私はこうして三人それぞれに想い出がありますが、
船に乗っていて殆ど家にいなかった夫は子供達との関わりが
少なかったので、あまり想い出がないと思います。
船のなかでどんな思いでいたのかなあ?と、会えない辛さが
あったのでは・・・
主よ夫の上に祝福がありますように。

スポンサーサイト




【2014/03/19 15:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック