FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
引越しの日程も決まりましたが、夫は仕事にいけなくなってしまいました。
しかし、引越しの準備も一人でやるしかありません。一つ一つ進めていき
ました。夫の寝ている以外の部屋から・・・
あと引越しまで3~4日という時「主よ。夫を助けて下さい。」と祈りつつ
祈祷会に行き帰って見ると、夫は床をあげ起きて、煙草のヤニで汚れた自分
の部屋の壁を拭いて掃除をしていました。主に感謝しました。
明日は引越しという土曜日、やっと何とか片付いたと思い、ふと玄関の横の
小さな物置を開けて見てびっくり、古新聞が山のようにあるのです。
どうしょう!明日はごみ収集日でもなく出す事もできません。どこかに
運ぶ力ももうありませんでした。「神様!助けて下さい。もう動けません。」
とベッドに倒れ込み涙が出てしまいました。そこへチリ回収のアナウンスの
声が聞こえてきたのです。あわてて下へ降りていき呼び止め来て貰いました。
二人の男性が来て下さり「ありがとうございます。」と言ってすべて持って
行って下さったのです。神様はこんな細部の所まで御手を動かし助けて下さい
ました。当日11月25日礼拝を終え、荷物をトラックに入れ終えた所に
夫の会社の人が奥さんを連れてお別れに来て下さいました。(若い夫婦です)
夫は「あいつが来てくれるとは思わなかった。俺に一番しごかれたやつなのに」
と嬉しそうでした。神様は慰め主であり、助け主です。主の計り知れない愛に
感謝しました。
スポンサーサイト




【2012/09/30 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック