5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
煙草が一番良くないです。
煙草を飲むと血管がぎゅーと縮み
つまりやすくなりますと・・・

必要な薬は飲んでおられるのですから
後は煙草をやめるという本人の意志です。
と言われるDrに「はい。頑張ってみます。」
と笑って??答えています。

帰ると、即私が煙草を処分しました。
( これで、処分するのも三回目です。)
夫は「なんでや!」烈火のごとく怒りましたが・・
「お父さん、車椅子でトイレにも自由にいけない」って
あんなに苦しい思いをしたのに、片足がなくなるって
それ以上のことだよ。」と言うと、

「煙草をやめると治るんか!」
「医者は治ると言わんかった!」
「治らんかったら暴れてやるぞ!」となんか
駄々っ子と同じです。
言い返すと口論になりそうなのでやめました。
感謝します。

夕食も「ご飯を食べると吸いたくなるからいらん!」と、
お腹空いたら食べるでしょうと思いラップをかけて
置いとくとしばらくすると食べていました。
煙草は麻薬のような力があるようです。
神様に依り頼まなければ、人間の力では
どうしょうもないようです。

しかし「神にとって不可能なことは一つもありません」
主を待ち望みます。
スポンサーサイト

【2014/05/22 18:15】 | 未分類
トラックバック(0) |

時が
川村真紀子
ご主人様本人も、妻である方、日々仕えておられる方もつらいのが普通です。が全宇宙を造り私達を愛しておられる神様を信じているから、圧倒的な勝利の約束に希望がありますね(^-^)そして『希望は失望に終わることはない』

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
時が
ご主人様本人も、妻である方、日々仕えておられる方もつらいのが普通です。が全宇宙を造り私達を愛しておられる神様を信じているから、圧倒的な勝利の約束に希望がありますね(^-^)そして『希望は失望に終わることはない』
2014/05/22(Thu) 18:38 | URL  | 川村真紀子 #TcmCSxA2[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック