FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
夫は一人で大丈夫だろうか?お酒を飲み過ぎないだろうか?
という思いはありましたが、主が導いて下さったのだから、
主が守って下さると主に委ねてパトモスへ出発しました。
群れの祈りの支えによって恵みと祝福を受けて帰国しました。
帰って見ると、家の中が私の居る時よりもすっきり、きれいに
なってびっくりしました。一人ぐらしが快適だったようです。
神の業が起きる前、いろんな事が許されます。
しかし、神を信じていく時、神の言を信じていく時
私達の思いを遥かに超えた神様の計画が開かれます。
主に心を定め、感謝する時、大いなる神のご計画が開かれ、
恵みが祝福が待っている事を教えられました。
主に夫に感謝します。
スポンサーサイト




【2012/10/06 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック