FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
連日、雹、集中豪雨とテレビで
以上気象のニュースを流しています。
それを見ながら、主の真実を思いました

夫は三十年、息子は二十数年、二人とも
マグロはえ縄船に乗っていました。
台風に遭遇するとひとたまりもない
小さな漁船です。
又船の底板はすぐ大海原です。
何かあったら助かる事は不可能に近い
状況です。

夫は結婚してすぐ言いました。
「もし、船が遭難したら助かる見込みが
ないと思え」と・・・
だから、出航する時はどんな喧嘩して
いても、嫌な事があっても笑顔で見送って欲しいと、
それが最後になるかもしれないからと・・・・

船員の妻として叩き込まれました。
夫の前で泣く事も許されませんでした。
そんな私に神様は手を伸ばして下さい
ました。
結婚して9年目イエス・キリストの愛を知りクリスチャンになり、
いつもいつも手を伸ばし続け助けて下さいました。


そして、真実な主は私だけでなく夫も
息子もどんな嵐が起ころうと、守り続け
家族の元へ帰して下さいました。
今は、夫も息子も主をほめたたえる者と
して下さいました。
主の真実に、主の愛に感謝します。
「主イエスを信じなさい。
そうすれば、あなたもあなたの
家族も救われます。」 使徒 16 : 31




























スポンサーサイト




【2014/06/26 15:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック