FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
ゆるすという言葉には二通りの漢字が
あります。「赦す」「許す」です。
どう違うのだろうか?20数年前
知りたいと思い調べました。

広辞典にこう書いてありました。
許す・・・ここまでは許すことができるという
範囲のなかで許すことのできる許し
赦す・・・どうしても許すことが出来ない事を
許す事が赦しだと・・・

その時なぜ聖書に「赦す」という漢字が
使われているのか解りました私自身
「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、
何をしているのか自分でわからないのです。」
イエス・キリストが十字架の上で祈られたこの祈りを
知り、自分が赦された事をしり救われたからです。

自分を責めて生きていた私は
赦された喜びでいっぱいになったのです。
ですから、他を責めたり、裁いたりしている時、
ハッ!とさせられ、自分は赦され生かされている
事を思い出され、執り成しの祈りへと主が導かれます。



夫との関わりのなかでもいろんな事がありました。
しかしイエス・キリストの十字架の赦しがあって
ここまでこれました。感謝です。
スポンサーサイト




【2014/07/10 12:33】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック