FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
自分の罪のためにイエス・キリストが
罪の身代りとなり十字架にかかりそれでも
「父よ。彼らをお赦しください。
彼らは、何をしているのか自分で
わからないのです。」と祈られた事を知り
イエス様を信じる者となり洗礼を受けました。

受けて間もない頃、ある事で夫と口論しました。
夫は「お前の顔も見たくない!別れよう!」言いました。
私はその時、口には出しませんでしたが心の中で
「いいわよ。別れるなら別れてやるわよ。 でもあなたは別れて後悔するわよ。
私程、あなたに仕えている妻はいないのだから!」と叫んでいました。
その心の叫びにゾッとしたのです。

私はいつもこんな気持ちで夫に接していたのでなかろうか?
海の上で家族の為に働いている夫に、大変でしたね。
有難うと感謝の気持ちをもって「お帰りなさい」と迎えた事があったろうか?
こんな傲慢な気持ちでいつも夫に接していたのではないだろうかと、
何という妻だったのだろうと愕然としました。

そんな状況にもかかわらず何故かお風呂に入って
いる夫が「お〜い!背中をながせ!」と呼びました。
傲慢な自分に気づいた私はもう一度一緒に暮らしなんて言えませんでした。
別れる覚悟をして「こんな至らない妻を許して下さい。 七年間有難うございました。」
という思いを込めて背中を流しました。

そしてお風呂から上がって来た夫「大事な話しがあります。ここに座って下さい」と言うと、
夫は「もういい。わかったらそれでいい。もう一度やり直そう」と言いました。
涙が止まりませんでした。

そして、わかりました。
わたしの傲慢がイエス様を十字架につけてしまったんだと、
自分では今迄気づかなかった罪を知ったのです。
イエス・キリストは自分を十字架につけた私のために
私の罪の全てを負いながらあの取り成しの祈りをして
下さったのです。
イエス・キリストの十字架の愛に感謝します。
十字架の赦しに感謝します。

私達が祈る祈りも十字架を通して、
イエス・キリストのみ名を通して父なる神の元に
届きます。
夫の心が、霊が十字架の愛に赦しに気づきますように。

スポンサーサイト

【2014/07/10 15:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック