FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今朝のデーボーションに
「私たちは、真理に逆らっては何をすることもできず、
真理のためなら、何でもできるのです。とありました。

アーメン‼︎と言いながら思い出される事がありました。
主に従おうとする時、いろんな壁にぶっかります。
特に夫とのぶっつかりが多々ありました。
当然です。夫はノンクリスチャンだったので・・
「お前の信仰にはついていけん‼︎」と、

その度にどうしたらいいか。主に祈りました。
聖書には、「妻よ。夫に従いなさい。」とあります。
しかし、クリスチャンとして従えない事がでてきます。
神に従うか、夫に従うか、心の葛藤があるなか祈ります。

すると真理に従おうという思いを、力を、与えられます。
どんなに夫が怒っていても「主に従う。」と心定まった時、
不思議な平安が与えられ更に祈っていくと
相手の方に( 夫 ) に主が働かれ、夫があんなに怒っていたにも
関わらず えっ!とびっくりする程「いいぞ!」というのです。

夫は「男は一度言った事はひるがえさん!」という性格ですから
主が働いて下さった事がよくわかります。
そういう体験を通して、これは相手がどうこうではなく、自分が
主に、真理に従うかどうかである事、「主に、真理に従う」と
心を定めるなら主が力を与え、助けて下さる事を知りました。
主のみ名をほめたたえます。

「私たちは、真理に逆らっては何をすることもできず、
真理のためなら、何でもできるのです。」
第2コリント 13 : 8
スポンサーサイト




【2014/08/02 08:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック