FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
病室が9階に移ってから夫はだんだん自分の状態がわかり、思うように体を動かす事ができない、もどかしさ苛立ちがあるのだろう顔も険しくなり(看護師さん達には にこやかなのだが…)私が行く度に罵倒、暴言を吐くようになる。仕方ない妻に当たるしかないのだからと思っても時々悲しくなる。帰りがけに看護師さんが「大丈夫ですか?一人でしょい込まないで何でも相談して下さい。」と言われた。しかし私には支えがあった。朝毎の早天祈祷と礼拝のなかでどんなに慰められ、励まされたかわからない。主はその時その時必要な語りかけと礼拝するなかで乗り切る力を下さった。イエス様は十字架の愛を私達夫婦に注いで下さっていた。
スポンサーサイト




【2012/08/24 10:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック