FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
聖書に夫婦は一体であるとあります。
しかし今迄育ってきた環境も性格も価値観も
違う者が共に生きていくにはいろんなぶつかりや
問題が生じます。私達夫婦にもいろんな事があり
ました。ある時非常に悲しい事が起こりました。
本当にどうしたらいいかわからない。もう駄目か
もしれないと思いました。
その時主は「赦しなさい」と言われました。主に
すがり、その事が思い起こされる度に「赦し」を
宣言し続けました。そしてこの事も主は必ず益と
して下さいますから感謝しますと心から祈れた時
主は教えて下さいました。夫婦は一体であると
夫が犯した罪はあなたの罪でもあると
又あなたの犯した罪は夫の罪でもあると・・だから
十字架の元にきて祈りなさいと・・
夫が傷つけばあなたも傷つき、あなたが傷つけば
夫も傷ついていると、なぜなら一体であるからと
そして思いました。
キリストの愛があったから
十字架の愛があったから
人知をはるかに越えた愛があったからだとこれは
人知をはるかに越えたキリストの愛でなければ
赦すことなど人にはできません。キリストの元に
いく時、十字架の元にいく時キリストの愛が流れ
でて赦しのみ業が、人にはできない赦しのみ業が
始まります。キリストの十字架の愛があったから
私達もここまでくることができました。
「人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることが
できますように。こうして、神ご自信の満ち満ちた
さまにまで、あなたがたが満たされますように。」
               エペソ3:19
スポンサーサイト




【2012/10/27 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック