FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
夫が病気をしてから時間がゆっくり流れるようになりました。
以前はバタバタと時間に追われていた様な気がします。
時間を気にしながら家事をやっていると、「お前の頭の中は
教会の事しかないんだろう」とよく怒られました。
夫の方が忍耐していてくれたのだと思います。病気になって
から、午後から時間を貰い家に帰り夫と過ごすようになり、
時間がゆっくりながれだしたように思います。
話すにも夫は時間を要します。話したい事がすぐ言葉となって
出て来ないからです。ゆっくり待ち、ゆっくり聞く心が必要です。
私達夫婦にはそれが必要でした。特に私には・・・・・
心を定めて向き合い話しを聞くことがなく、価値観の違いや、話しても
理解して貰えないという思い込みが私の方にあったと思います。
今少しずつですが、ゆっくり聞けるようにして下さっています。
時間的にも、心も、ゆとりを持って聞けるようになると今迄気が
つかなかった事を知り見えなかった事が見えるようになります。
神様にはもっともっとそうなのではないだろうか。
心を向けてゆっくりと向き合い神の語っておられる事を聞くことが・・
主よ。下さった今日という一日をあせらずに大切に用いあなたの
語っておられる事を正確に聞けますように、そして夫の心の叫びも
聞きあなたに祈れますように助けてください。
スポンサーサイト




【2012/10/30 09:30】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック