FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
今朝、息子が旅立ちました。
昨夜、言うつもりだったのですが、
息子の帰りが遅かったので、準備が
バタバタしているなかでしたが、
「申し訳なかったね。ごめんね。辛い思いを
させてしまって・・・ 今迄、ありがとうね。」
という事ができました。

息子は
「いや、こっちこそありがとうございました。」と
そして沢山の荷物を抱えながら、階段の途中で
「あっ、挨拶してくるのを忘れた。」と引き返し
父親に挨拶しに戻りました。


それを見ながら、本当に感謝しました。
私達、家族は弱さも、欠けも、罪もあります。
しかし、赦す心を主が下さっていると・・・
十数年前、家に帰って来ていた長女と夫の間にも
ショツクな事がありました。
次の日、長女は昨日何事もなかったように
いつものように「お父さん、又、来るね。」と
言って帰っていきました。

その時、凄い!と思いました。
この子に神様は「赦す心」を与えておられると・・
二人とも日常はつぶやいたり、不信仰な事を言ったり
します。思わず「感謝でしょう!」と
こちらが言わずにおれないほど、しかし
ここと言う大事な所はこちらがびっくりするくらい
赦しを与えられています。
神様からの恵みだと思います。

新しい事を始められている主は
私自身にも新しい事をしょうとしておられます。
今迄、ずいぶん息子に助けられて来ました。
しかし、本気で主に依頼むという事を語られて
いるような気がします。
信じて祈って行こうと思います。

「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」
ローマ 10 : 11

スポンサーサイト

【2015/02/26 09:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック