FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
歩行のためのリハビリも始まった。主は素晴らしい。夫の気性をご存知の主はピタッと合うリハビリのDrを備えておられた。ベッドから起き上がるためにどの手足をどのように使ったらいいか等教えていかれる。「歩く」という目的が出来たせいか少しずつ変わってきた。しかしまだ、ベッドから車椅子に移動するにも数人が必要である。夫にとってトイレに行きたい時にいけない。一人でいけない事が非常なストレスの様だった。前に数人横に数人いたら出るものも出ないと呟いていた。しかしトイレにも自立するための訓練がある。主は体のリハビリと共に主の方法をもって心のリハビリもしておられるようだ。
スポンサーサイト




【2012/08/26 14:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック