FC2ブログ
5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
20190422192015316.jpeg


20190422192016348.jpeg


先日の復活祭の主日礼拝で
カンボジアの子供たちの作詞、作曲した
「プレヤソンクルワ」〜 私の救い主 〜 が
できるまでのDVDを見ました。

かみさまは わたしをあーいし
いのちをあたーえ すくいあたーえた

かみさまは わたしをあーいし
つみをあがない ゆるしあたーえた

いえすさま いえすさま わたしの主
いえすさま いえすさま わがすくい

と賛美する子供たちを見て涙が溢れました。
この歌詞どおり、この子達を救って下さったイエスさま。
愛しいのちを与えて下さったイエスさま。

孤児院に来てなかったら、この子達の命は
なかったと思います。
この子達をを愛し生かし、
罪赦し、永遠のいのちを与えられたイエスさま。

イエスさまがこの子達にして下さった
そのままが歌詞となり曲となり
賛美してる子供たちを見ながら
イエス様の愛を、十字架の愛をほめたたえました。
主の計り知れない深い愛をほめたたえました。

この賛美が、子供たちが、礎の石となって
全世界に福音を伝える者となって用いられますように。

【2019/04/23 13:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
201904231250549da.jpeg


イエスはこう言われた。

「父よ。彼らをお赦しください。

彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」

ルカ 23 : 34


神殿の幕は真っ二つに裂けた。

ルカ 23 : 45


今朝のデボーションより
イエス・キリストの十字架の愛を感謝します。
イエス様。
罵倒する者のために
罵る者のために、鞭打つ者のために
つばきをかける者のために
槍で突き刺そうとしてる者のために
あなたを知らず神を神ともしない者のために
祈られたイエス様。

肉が裂け、血を流し、ご自分の命を捨てて
愛して下さったイエス様。
その十字架のゆえに、神殿の幕が真っ二つに裂け
その事を通していつでも何処でも
信じる者に祈れるように道を開いて下さったイエス様。

主の御名をほめたたえます。
十字架の愛を感謝します。
罪、赦され、生かされている事を感謝します。
死と墓の力を打ち破り、復活し今も生きておられる
主の御名をほめたたえます。
復活の主が今日も共にいて下さる事を感謝します。
本当に主の十字架の愛を感謝し
主の御名をほめたたえます。

【2019/04/23 13:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190421155125891.jpeg


もしひとりなら、打ち負かされても、
ふたりなら立ち向かえる。
三つ撚りの糸は簡単には切れない。
伝道者の書4章12節

一人だとあきらめたり、
投げ出してしまいそうになる問題や困難も、
2人だと踏ん張り立ち向かえう勇気が湧いてきます。
まして三よりの糸になれば
簡単には切れず強くなります。

夫婦に子どもが与えられると、
夫婦の絆がより強くなると言われます。
それは間違いではありません。
でも夫婦が子どもで繋がるのなら、
子どもがいない夫婦はどうなるのでしょう。
また夫として妻としてではなく、
父と母として繋がっている夫婦は本当の姿なのでしょうか。

三つよりの糸とは、
夫と妻とイエス・キリストです。
夫と妻の間にイエス・キリストの十字架を立てる時、
2人は真の愛によって一つにされます。
お互いを赦し合い、受け取り合う力を
イエス・キリストは
十字架の上から与えてくださるからです。

あなたも2人の間に
イエス・キリストの十字架をおいてください。
そこから深い愛の中で一つにされていきます。


「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/04/21 16:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
201904211551282dd.jpeg


いつも宮にいて神をほめたたえていた。
ルカの福音書24章53節

イエスは、
弟子たちをベタニヤまで連れて行き、
手を上げて祝福されました。
そして祝福しながら、
彼らから離れて行かれたのです。
弟子たちは、
非常な喜びを抱いてエルサレムに帰り、
いつも宮にいて神をほめたたえていました。

イエスの祝福を受けた弟子たちが
いつも宮にいて
主をほめたたえていたように、
私たちも、
主イエスに祝福されているのですから、
教会でいつも主を賛美し、
ほめたたえていましょう。

その時、さらに聖霊の力を受け、
父なる神から愛の注ぎかけを受けることでしょう。

「聖書って、こんなにおもしろい」より

【2019/04/21 15:57】 | 未分類
トラックバック(0) |
20190421155126af1.jpeg


今日は主が蘇られた復活の日
夫婦で共に礼拝出来たことを感謝します。

信じる者に復活の主のいのちが
流れていることを感謝します。

【2019/04/21 15:54】 | 未分類
トラックバック(0) |