5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
201804242006225f1.jpeg


今日は教会のCSのお部屋の片付けをしたため
いつもより帰りが遅くなりました。
7時半くらいになってしまいました。

帰ると「帰りが遅か!」と
「あっ、ごめん今日は片付けがあって早く帰られなかったから
でも、夕飯食べたでしょう?」(準備して置いたので)
「ああ、食べた」と・・・

この頃いつもお昼過ぎに帰っているからでしょうか?
遅いって言われたの何年ぶりでしようか?
昨夜、ちょっとふらついてベッドから落ちたので
不安だったのかもしれません。

【2018/04/25 21:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
20180424200618d57.jpeg


人はみな草のようで、

その栄えは、みな草の花のようだ。

草はしおれ、

花は散る。

しかし、主のことばは、

とこしえに変わることがない。

1 ペテロ 1 : 24

【2018/04/24 21:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
201804242006174ba.jpeg


今朝はひどい雨でした。
そして今日はディサービスの日です。
いつも○○時○○分くらいに来ます。
準備をお願いしますと連絡があります。

電話があったか?と夫が・・・
いや、まだないけど準備してたらいいんじゃないと
言うと今日は素直に「ああ」と言ってます。
火曜日はお休みでないので送り出す事が出来ませんが
今は夫が自分で準備して待つようになりました。

ただ気をつけないといけないのは
時々ズボンを左右反対に穿いて着れないと
言う時があります。
足が以前とすると弱くなり家の中でも
何か支えがないとサッと立ち上がる事ができません。

しかし、今の所は日常生活は支障はありませんが
油断は出来ません。
時々立ち上がれなくなったりするからです。
でも、それも私が居る時なので
本当に主の守りを思わさ感謝しています。


【2018/04/24 20:25】 | 未分類
トラックバック(0) |
201804222235052d5.jpeg


まことに、まことに、あなたがたに告げます。

あなたがたは泣き、嘆き悲しむが、

世は喜ぶのです。

あなたがたは悲しむが、しかし、

あなたがたの悲しみは喜びに変わります。

ヨハネ 16 : 20


あなたがたにも、今は悲しみがあるが、

わたしはもう一度あなたがたに会います。

そうすれば、あなたがたの心は喜びに満たされます。

そして、その喜びをあなたがたから奪い去る者はありません。

ヨハネ 16 : 22

今朝のデボーションより
何という励ましでしょう。
悲しみが喜びに変わるのです。

主に会い喜びで満たされるとあります。
またその喜びを奪い去る者はないとあります。
主に愛されてる喜び。
主が祝福して下さってる喜び。
また、主が共にいて下さる喜び。
今日も神のことばを信じ告白して喜んでいきます。

【2018/04/24 12:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
20180423141256b24.jpeg

わたしにとどまりなさい。
わたしも、あなたがたの中にとどまります。
枝がぶどうの木についていなければ、
枝だけでは実を結ぶことができません。
同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、
実を結ぶことはできません。 ヨハネ 15 : 4


20180423141254d00.jpeg


わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。
人がわたしにとどまり、
わたしもその人の中にとどまっているなら、
そういう人は多くの実を結びます。
わたしを離れては、
あなたがたは何もすることができないからです。
ヨハネ 15 : 5

【2018/04/23 14:31】 | 未分類
トラックバック(0) |