5月8日、63歳の夫が脳梗塞で緊急入院、一度は命が危ないと言われ、左半分は麻痺となった。9月の退院と言われつつ、7月の末には、歩けるようになり、4階にある我が家へ自分の足で歩き退院し帰宅した夫。
201710151551050fe.jpeg

20171015155104930.jpeg

昨日は T さんの1周年記念会がありました。

とても深いご臨在の中で始まりました。

中でもT さんの初孫である K さんと木原家の8人の子供達と

妻のYさんとKさんの大好きだった「一粒の麦」を賛美した時、

天国の Tさんも共に賛美しておられると強く思わされました。


記念会、愛餐会を通して、教えられる事がたくさんありました。

祈っていく時どんな夫婦も一つになる事を教えられる時でした。

又 Tさんの祈りの応えをみる記念会でした。


私たちも共に祈る夫婦になれますように。
神様にはおできになります。

【2017/10/15 16:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
2017101319595471b.jpeg

彼らは主に向かって心の底から叫んだ。

シオンの娘の城壁よ。

昼も夜も、川のように涙を流せ。

ぼんやりしてはならない。

目を閉じてはならない。

よるのあいだ、夜の見張りが立つころから、

立って大声で叫び、

あなたの心を水のように、主の前に注ぎ出せ。

主の向かって手を差し上げ、

あなたの幼子たちのために祈れ。

彼らは、あらゆる街頭で、

飢えのためによわりはてている。

哀歌 2 : 18 〜 19

教会では、金曜日に宣教の為の6時間の祈りをしています。
その後、聖書を読むのですが・・・今日はこの哀歌を読みました。
この箇所は「わたしの召しはなんでしょうか」と
祈った時に与えられたみ言葉です。
勿論、いくつかの吟味をしてこの箇所を通して
召しが「祈り」である事の確認がとれたのです。
主よ。心を注ぎ出して祈れますように。

【2017/10/13 20:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012175703a34.jpeg


もしあなたがあなたの神、

主の声に確かに聞き従い、主が正しいとみられることを行い

またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら

わたしはエジプトに下したような病気を

何一つあなたの上に下さない。

わたしは主 あなたをいやす者である。」

出エジプト 15 : 26

【2017/10/12 20:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012181118c06.jpeg

ディサービスから帰ってきてすぐ昼食を取り
後片付けをしてちょっと疲れたので
うとうとしていると・・・

「おかずはなかとや?」の声に起こされました。
えっと時計をを見ると13時46分です。
「えっ、お父さん、もうご飯食べるの?
さっき食べたばっかりなのに」と言っても
「腹へった」と・・・

いつもだと冷蔵庫を開けてなにかしら
食べるのでしょうが・・・
冷蔵庫が空の状態でご飯をと
なってるのかも知れません。
急遽、あるもので準備して出すと
黙って食べてます。

たまには、冷蔵庫の掃除にもなり
私たちの体にもいいのではと
思っているのですがそうはいかないようです。

16日は69歳の誕生日です。
何か、美味しい物をと思っていますが・・
主よ。知恵を下さい。

【2017/10/12 18:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
20171012181120327.jpeg

今日は夫はディサービスの日でした。
準備を促すと「まだ、来んてや!」と
ご機嫌斜めです。

待たせると悪いから準備しとけはいいでしょうと言うと
「まだ来んてや!」と言いながら準備をし始めました。
もうすぐ来られると思い靴まで履いておこうと言うと
渋々履き始め履き終わった途端、ドアがノックされ
お迎えが・・・グッドタイミングです。


【2017/10/12 18:25】 | 未分類
トラックバック(0) |